【マウスピースはセンサー】初心者を脱却!ライディング講座 ⑨

第9回テーマ【マウスピースはセンサー】

おはレーニア。えびです。

今回はテクニックでも考え方でもなく、マウスピース(マウスガード)の紹介となります。えび氏もスポーツ走行を行う際は常にマウスピースを使用していました。

保護具としてのイメージは沸くかと思いますが、今回はライディング時においてマウスピースがどんな役割を担うのか、紹介したいと思います。

パーフェクトナチュラルパワー!!の方は地下闘技場へ帰ってください。

※本ブログの収益はマウントレーニアの養分と恵まれないTwitter峠の子羊ちゃんのサーキット道具費用となります。

前回➡【初心者こそハングオン】初心者を脱却!ライディング講座 ⑧

前置き➡【目線はコーナーの奥に】初心者を脱却!ライディング講座①

えびの呟き➡【安全運転】生き残る事が安全運転。どこかで線引きしていませんか?


⑨-1 : マウスピースの役割

口内の裂傷、歯の破折脱臼、顎の骨折の防止、脳震盪対策として各スポーツで取り入れられている保護具、矯正器具となります。一番のメリットとしてはやはり、保護具としての優秀さですね。MFJ(日本モーターサイクル協会)でも全競技での使用を推奨しております。

特にバイクの場合はヘルメットで保護されている事で油断しがちですが、強い衝撃が加わった場合は丈夫なヘルメットが仇となります。特に顎がヘルメットで固定されている為、強い衝撃を吸収、緩和出来ない状態となっております。

個人的な怪我ですが、走行中に顔面を強打し気絶。フルフェイスでしたが、目や鼻、顔面のあらゆる個所を骨折しました。しかしマウスピースを着用していたおかげ?か脳の障害も、顎の骨折もなく、鼻の骨が飛び出す衝撃でしたが前歯1本の不完全脱臼で済みました。治療して前歯2本はクラウンになりました(20万だぞ!泣)が、マウスピースをしていなければ前歯全滅だったと思います…。

えびお

と当たり前の事を書きましたが、自分自身の身体を守る為に、是非マウスピースの着用を検討ください。

と書いてもだーれも着けないのは知っております。ヘルメットやグローブ、ブーツにお金をかける人は多いですが、他の保護具は低く見られがち。

なので次項ではマウスピースを着用する事でのライディングメリットをお伝えしましょう。


⑨-2 : マウスピースはセンサー

※ここから先はえび主観が入るので参考に

人間は歯を食いしばって力を入れる事は理解出来ているかと思います。逆に歯を食いしばっていない時、顎を緩めている時はどんな時か考えた時、それは力を抜く時身体でバランスを取っている時だと思います。これは実際にマウスピースを着用して様々なトレーニングを行っている時にハッキリと体感できます。当たり前の事ですが、歯を食いしばって身体に不要な力が入った状態では上手くバランストレーニングを行う事が出来ません。つまりノイズとなっているわけです。

これをそっくりそのままスポーツ走行で考えてみましょう。通常マウスピースを着用していない状態ではヘルメットで顎が固定されている為、歯の嚙み合わせを感じる事は非常に難しいです。しかし、マウスピースを着用して軽く噛んだ状態で走ると、食いしばっている、右奥を噛んでいる、左奥を噛んでいる、顎がインを向いている、力が抜けている等の体感できるかと思います。この事をえび流では身体のセンサーと呼んでいます。これを意識すると無駄に力が入っている個所も分かり、普段と違うリズムでマウスピースを噛んでいれば自分のライディングの異変に気付く事も出来ます。

また、下顎は首の筋肉、肩の筋肉、脊椎とも連動している(らしい)ので、この下顎をマウスピースで程よく固定させる事で不要な力が入らないメリットもあると考えてます。

まとめるとマウスピースのメリットは以下

  1. 保護具となる
  2. 不要な力が抜ける
  3. ライディング時のセンサーとなる

なのでマウント…マウスピースを着用しよう!!


⑨-3 : マウスピースを作ろう!!

では実際にマウスピースを作りましょう。といってもどこで作れるの?と知らない人も多いと思います。答えは簡単です。皆さん苦手な歯医者さん。そこで作れるんですね~。また、マウスピースは市販でも購入できますが、可能であればカスタマイズ品にしましょう。歯医者さんで型取りして自分の歯に合ったマウスピースを制作してくれます。

MFJ公式HPにてマウスガード協力ネットワークなるものが公表されております。安価で製作してくれる歯科医院が全国各地にあるので一度見てみましょう。

MFJ対象ページ http://www.mfj.or.jp/user/contents/motor_sports_info/mouthpiece/mouthpiece.html

このマウスガード普及にあたり、日本スポーツ歯科医学会などに協力いただき、競技参加者の居住地の近くの歯科医院で、カスタムメイドマウスガードをできるだけを安価(5,000円~10,000円)に製作してもらえる歯科医院を紹介するネットワークシステムを構築いたします。ネットワークは逐次拡大していく予定です。

MFJ マウスガード(マウスピース)の推奨について

また、最近のコロナ禍の中で、歯医者へ行くのが億劫な方向けに自分で熱成型できる製品も御座います。カスタマイズしてもらうのが一番ですが、お手軽に試せるのはメリットですね。


と今回はマウスピースの紹介で御座いました。思ったより安価でしょう?

そして今回は非常に疲れた・・・。マウスピースと打つと、マウントレーニアが必ず出てくるのです(‘_’)。

それではおつかレーニア!!

続編→【リアブレーキの使い方/公道編】初心者を脱却!ライディング講座 ⑩

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

お山とサーキットが好きなバイク乗り。今は子煩悩。子供もでき、のんびりとしたバイクライフを目指し。マウントレーニア飲むと幸せライフ。