えび物語part④

おはレーニア。えびです。

ある少年Eのバイク人生をゆっくりと書いていこうかと思います。

※創作物になりますので登場人物は全員マウントレーニアの養分です。

※本ブログの収益はマウントレーニアの養分と恵まれないTwitter峠の子羊ちゃんのサーキット道具費用となります。

前回➡︎えび物語part③

ライテク講座➡︎【目線はコーナーの奥に】初心者を脱却!ライディング講座①

えびのつぶやき➡︎【違法?暴走族?】走り屋について


<スポンサーリンク>

④-1 : 大学を目指す

バイクの青春を謳歌している少年Eも気付けば高校3年生。人生の転機。通っていた高校は就職する人もいれば、大学に進学する人もいるような。そんな中で少年Eは就職しようと考える。当てがなかった訳でもないが、本当にやりたい仕事でもなかった。それを当時の担任であり、学校唯一のバイク仲間であるO先生(part2参照)には筒抜けだった。放課後、呼び出されて面談。もともと勉強が好きではない、だから就職しようと伝えた。

「勉強が好きじゃないから働くのか?そんな考えでは続かないし、先方にも失礼だから辞めろ。大学に行けとは言わない。ただ、勉強なら俺が教える事が出来る」

と言われて、初めて思った。

“この男、教師っぽい”

けど、もう一つ思った。

“頑張ってみよう”


<スポンサーリンク>

④-2 : 受験勉強

数学教師のO先生のもと、英語はアルファベット程度しかわからず、理系なのに数学の教科書を持っておらず、第一言語である国語は4択問題をことごとく外すような少年Eの受験レース、フォーメーションラップがスタート。

まずは志望大学。大学を目指す際に前提として、学費が安い国公立大学。国公立大学はセンター試験と各大学で受ける2次試験の合計点数で合否が決まる。実質1年間もないまま大学を目指す訳で、全分野を詰め込むのは無理な訳だ。それで2次試験の点数比率が高い大学に自ずと絞られる訳だ。少年Eが受ける大学は数学と物理が対象科目。こうして2次試験の数学物理特化型の受験勉強が始まり、人間としての尊厳も終わり。

今でもO先生に言われるのは、チンパンジーに教えた方が楽だったと。


<スポンサーリンク>

④-3 : お受験〜センター試験〜

センター試験の1ヶ月前にセンター試験がマークシートである事を知った少年E。2次試験の勉強(記述)しかしてこなかったが、ようやくセンター試験の対策に入った。しかし、既に勝利を確信していた少年E。マークシート、つまり選択式なら勝てる。USB端子の上下、Tシャツの前後、5本指ソックス。ことごとく1発でクリアしてきた直感力。手こずった記憶はない。

結果はっぴょーう。O先生と自己採点。

“398/950満点”

うーん、半分は取れると思ってた。英語を自己採点した際に、50点!半分もとれた!と思ったら200点満点だった時は流石に冷や汗。

センター試験の結果をもとに、なんたら塾の合否判定も出てまいりました。受験予定の〇〇大学のA判定〜E判定まで、受験者の点数がグラフ上にプロットされている訳です。上の方からA判定、B判定、C判定とプロット数が多くなる。ずぅーーーっと下の見切れるかどうかの400点の下に1つだけプロットがあり、ぶっちぎりのE判定。ここまでくると匿名性もクソもなく、O先生と笑った。

まぁ、残り数Lap。そこでごぼう抜きする為に、頑張ってきたんだと、O先生。

そうだけど、ハイペースで転倒するかもね。ガッハッハ。


④-4 : お受験〜2次試験〜

2次試験の配点が数学300点、物理300点と計600点もあり、センター試験でポケモン鉛筆(パラス)を転がして穴埋めするような奴にもチャンスがある訳だ。ここ一番でぶっちぎる為に、血反吐を吐きながら(リアルに吐血しおまけに血便(なんかラップ調))頑張ってきた訳です。

ここで妙に記憶にあるのが、試験前の緊張は全くなく、あれこれ考えずに試験に臨めた。あー、今まで緊張してきたのはただの準備不足なんだと感じた。雑巾を絞るように一滴も残さず、目標に向かって正しい努力をしたのであれば、緊張もしないのだなと感じた。ああすればよかった、もっと勉強すればよかったとは思わず、これ以上はないと本当に思えた。人生で初めて正しい努力を出来た時だと思う(【努力】努力は裏切らないし、報わないし、嘘もつかない)

結果?

600点、満点でしたよ。


〜プチ後書き〜

バイク乗り始めてから、順番に書いていこうと思いましたが、綺麗に飽きていたので時系列気にせず好きなように書いていこうと思いました。大学に進学して、そこでよりバイクと深く関われるようになり、結果良かったと思ってます。大学進学が必要だと思っていませんが、受験勉強をした1年間は本当にいい経験だったと思います。まぁ、その入った大学も数ヶ月で行かなくなったのは別のお話…。

つづく

スポンサーリンク