えび物語part③

おはレーニア。えびです。

ある少年Eのバイク人生をゆっくりと書いていこうかと思います。

※創作物になりますので登場人物は全員マウントレーニアの養分です。

※本ブログの収益はマウントレーニアの養分と恵まれないTwitter峠の子羊ちゃんのサーキット道具費用となります。

前回→えび物語 part②

こちらもどうぞ→下手くそが下手くそへ送るライディング講座①【目線】


<スポンサーリンク>

③-1 : バイクの在り方

紆余曲折ありながも順調に進んでいく少年Eのバイクライフ。毎週金曜日の夜には地元のバイクコミュニティの集会があり、そこに顔を出すのがちょっとした楽しみでした。学校ではバイク仲間がおらず(O先生との秘密結社は除く)、色んな学校や地域から集まる同世代との交流が純粋に楽しかったのを覚えてます。

それは中学の時にM峠にギャラリーに行ってた時の雰囲気とは違う。初めは自分のバイク/車を持っていない事に対する心の在り方だと思っていたがそうではありませんでした。暴走族が悪くて、走り屋が正しいなんて思ってた訳でもないです。落ちてる毛が腋毛か陰毛、どちらなのか?どちらにせよダメだ。ただ腐った中でどちらに肌が合うのかと言われたら、バリバリ鳴らしながら、コーナーを駆け、目ん玉三角にして脳内を沸騰させる事に対して痺れてしまった。

ダラダラと音を鳴らしてながら走り、集まって喋るだけの目的地。そんな事よりも、あるかわからない目的地を探す、それが少年Eが考えるバイクライフ。

自然と金曜日の夜から土曜日の朝にシフト。  夜の集会で手に入れた愛機を日の当たる所へ。

いざ、早朝の峠道へと足を踏み入れる。


<スポンサーリンク>

③-2 : ジェイドと少年E

時間と場所が決まっていた大人数の集まりから、1人であてもなく山道を走る事にした少年E。 ダムでみた赤いバイクのような走りをイメージして、ワイディングをあーでもない、こーでもないとひたすらに走り続けて昼飯時に帰る。走りはチンタラ、気持ちはコマグン!

そんな事をしてるとガソリン代もかかる。山道を走る事を意識するとタイヤも気になる。ボロボロの車体も気になる。自転車もチェーンが錆びてくるよな?エンジンオイルってどうすんだ?

と、ここで初めてバイクという機械に対して興味が湧いてきた少年E。パパ上にあれこれ聞いて、一緒にメンテして、ようやく自分のバイクのように感じました。

サビサビだったチェーンを替え、ハゲハゲだった塗装を下手なタッチアップで募集し、油類を替え、洗車して拭きあげて。他人から見ると対して変わりはなかったかもしれないが、自分のバイクに手を入れて、その変化が体感出来るのが何よりも楽しかった。

本来欲しかったCBR250RR mc22。それと同じエンジンが付いてて、正直半分以上は妥協案として乗ることに決めたジェイド。しかし乗ってみると、非常に乗りやすく、軽くて曲がり、エンジンも良く回る。惚れ込んでいくのに時間は不必要。

そんな楽しい時を過ごしてた高校の夏。


〜プチ後書き〜

少年Eの周りのバイク乗りはヤンチャな方が多い集まりでしたが、私が惹かれたのは走りのバイクライフ。書いてるとおり、どちらが正しくて、どちらが間違ってるとは思っていません。ただどちらにせよ、芯は通して自分がやりたい事をやろうと思いました。また、やっぱり自分のバイクに愛着が湧いてから加速度的にメンテ技術も、ライディング技術も上達したんじゃないかな?と思います。

つづく➡︎えび物語part④

スポンサーリンク