【SS論争】250ccはスーパースポーツ?

おはレーニア。えびです。

今回はリクエスト頂いた記事ですが、結果から言います。

どーでもいい!!

さて、本題が終わったところでマウントレーニアについて書いていきましょう。

っと終わるとさすがに顰蹙の雨霰ですので、ちゃんと?書いていこうかと思います(本当にこれで終わろうとおもた)

これでえび日記でもTwitter峠の三大胸焼け案件を網羅する事になりましたね。

  1. アマリング論争
  2. 排気量マウントレーニア論争
  3. 250ccはSSか否か論争

特にこの中で250cc(またか)がSSか否か論争はよく見かけますし、盛り上がりますね。落ちている毛が陰毛か腋毛かどうか、まさに不毛な論争。

今回はその不毛の地を削ってどんな下地が出てくるのか。またつらつらと書いていきますので宜しければお付き合いください。

※本ブログの収益はマウントレーニアの養分と恵まれないTwitter峠の子羊ちゃんのサーキット道具費用となります。

こちらもどうぞ➡【散らないアクセルの開け方】初心者を脱却!ライディング講座⑫

関連呟き①➡【250ccで十分? 排気量が必要?】みんな大好き排気量マウントについて

関連呟き②➡【安全の証?下手の証?】みんな大好きアマリングについて


<スポンサーリンク>

①:えびのイメージ

スーパースポーツについて調べると色々色々色々色々色々色々…出てきますね。Wikipediaがどうだ、メーカー見解はこうだ、だれだれがどうだ。今回は詳しくは調べていません。キリがないのでね。250ccはネイキッドからレーサーを計6台乗り継いできたので、それを踏まえた考えを書いていきます。

各方面の見解は置いといて、私のイメージとしては、SS(1000cc)、ミドルSS(600cc)です。荒れそうですが、250ccにはスーパースポーツのイメージはないです。これは私の生きてきた時代に要因があるのかと…。

私がバイクに乗り始めたころは、250ccのスポーツモデルは皆無で各メーカーが1000cc、600ccのスポーツモデルに注力し、高性能高出力化が一世代上がった頃でした。昔のレーサーレプリカから、市販車オリジナルのスーパースポーツというがカテゴライズが普及してきた頃かなと思います。そんな中で、250ccのスポーツモデルというと、、、ない!。スーパースポーツがどうとか、カテゴライズする以前にラインナップがないんですよ。ないんですよ(大事事2回言)。

当時は250ccスポーツ暗黒期で、そもそもバイクのイメージは悪い中で、フルカウルバイクなんて扱いは酷いもんでした(白目)。それでも走りたい人は中古で2stレプリカや4stマルチのスポーツモデルを買って走るしかなかったのを覚えています。

なので、私のイメージでは250ccはスーパースポーツどころか、そこのラインナップにいなかったんですよ(憤怒)


<スポンサーリンク>

②:250ccはスーパースポーツ?

スーパースポーツのイメージはないと言いましたが、250ccだけでも10年近く走ってきましたので昨今の状況下、各メーカーの力の入れようも勿論理解しています。その中で一つ言いたいのはこの250ccスポーツブームを復活させた「Ninja250R」君は偉い!。デビュー時も散々馬鹿にされ、現在も馬鹿にされる最小のNinja。それでも250cc大好きなえび氏としては、この子には本当に頭が上がりません。そして、2度と拝めないと諦めていた新車250cc4気筒を販売したKawasakiさん、偉い!素晴らしい!好き。そして後追いのH〇O〇N〇D〇Aさん。CBR250RR-Rを4気筒でお願い致します(懇願)。

2008年にNinja250Rがデビューした事を口火に、各メーカーもラインナップを充実させ、レースカテゴリも変更となり、2020年現在でも非常に盛り上がるクラスとなっていますね。私も250ccで走ってきて、レーサー(NSF250R)に乗ってた時期もありましたが、最近の市販250ccは凄いですね(語彙力)。CBR250RR(MC51)が出た時には正直、「2気筒でRRかよ!」と思ったものですが、あのHONDAが倒立入れちゃう程ですからね。マシンの出力は昔の2stバイクに比べたら劣りますが、剛性が高く走りのフィーリングはスーパースポーツ(1000cc、600cc)に近く感じましたね~。

え?250ccがスーパースポーツかどうか?

知らん


<スポンサーリンク>

③:まとめ

不毛な議論を削ってみましたが、出てきた下地は産毛でした(?)。私は250ccは好きですが、スーパースポーツだと思って乗ってたことはないです。現行の市販250ccはカッコイイし好きですけどね。

そもそも250ccをスーパースポーツとして見るより、ピュアレーサーのような切れ味鋭いイメージが好きなんですよね。だって、250ccで速かったら、かっこいいやん!

単純に私自身がスーパースポーツという括りに魅力を感じない訳で。まぁ、メーカーがスーパースポーツとして出しているのであればスーパースポーツなのでしょうね。

スーパースポーツになったからと言って速くなる訳でもないので、こだわる必要もなく。スーパースポーツになったからと言って貴方に迷惑かかる訳でもないので、違う!と声を荒立てる必要もなく。

まぁ、バイクがスーパースポーツでもライダーの技量が(自主規制)


えびお

(つまり、俺が飲むとマウントレーニア)

スポンサーリンク