【努力】努力は裏切らないし、報わないし、嘘もつかない

おはレーニア。えびです。

努力についてのボヤキを書いていきます。この記事をみて、何かのキッカケになればと思います。

※本ブログの収益はマウントレーニアの養分と恵まれないTwitter峠の子羊ちゃんのサーキット道具費用となります。

そんな興味ないぜ!って方はこちらでもどうぞ→【目線はコーナーの奥に】初心者を脱却!ライディング講座①

その他の呟き➡【愛着?愛情?大切に?】バイクに対する考え方


<スポンサーリンク>

① : 努力とは

努力は裏切らない。努力は報われない。成功した者は全て努力した。などなど。努力についての格言をよく目にしますね。

前提として私は「努力は裏切らない」と言い切れます。これが今回のテーマ。しかし、それは前向きな訳でも、努力を讃美してる訳でもなく、ただ努力は裏切る、裏切らないとかそんなものではない。なので「そもそも努力は裏切らない」って事です。

まずは”努力”って言葉を調べてみましょう。

目標へ向かって心や身体を使ってつとめること

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/努力

非常に簡単。一文で終わってしまう。けどこの中で一番大事な事を見落としがち。努力は“目標”の為にやる事だという事ですね。

それでは目標とはなんだろう?

言うならば、“理想、あるいはあるべき姿”。仕事でも趣味でもどんな事でも目標となる理想は皆持っているはず。それを達成する為の手段、プロセスが努力となります。

では努力とは具体的にどんな事を指すのだろう?

一つ言える事は世の中に出回ってるほど、万能な言葉ではないということ。努力→目標達成とはならない、という事です。

では次に目標を達成するには何が必要だろう?


<スポンサーリンク>

② : 目標を達成する為には

問題? 原因(問題点)?課題?これもよく聞く言葉ですね。しかし、それぞれの意味は異なる事を理解しているでしょうか?

“問題”とは現状と理想とのギャップ。つまり、設定した目標との差異で解決すべき事柄。そして“原因(問題点)”とはその”問題”の中で目標達成に向けて特に解決すべき事柄、更に細かく言うと前提条件として解決可能な事柄。そして“課題”とはその”原因(問題点)”を解決する為に実行するプラン。

それを考え、目標達成に向けて課題解決を行う事を努力だと私は思っています。なので元来、努力は報われるだの、裏切らないだのそんな事ではないのです。


<スポンサーリンク>

③ : 努力は裏切らない?

世の中では“勝手に考えた意味のない課題”を実行しただけで”努力”と言ってる人を多くみます。

目標が大きすぎて頓挫した場合はそもそも目標設定の考え方が足りない。もし、私が今からプロ野球選手を目指すとしても”問題”は数多くあれど、解決可能な”原因(問題点)”はなく、前提条件から破綻してるのですね。

努力というものは特定の何かを指すものではなく、目標達成に向けたプロセスであり、仮に目標未達成となったとしてもそれは努力が足りなかった訳ではないです。努力のしかたがそもそも間違っているだけなのです。

なので抽象的に「努力は裏切らない!」と言う人は信用してはいけませんし、闇雲に頑張る事を努力だと思ってもいけないという事です。

最後にえびが好きな言葉でサヨウナラ

結果が全て。「努力してます」「一生懸命やってます」「僕は必死に頑張っているんです」そんなコトはクソしてケツ拭くくらい当たり前のこと。そんなもんひけらかしたとこで、返ってくるのは薄っぺらい同情と慰めだけ。そこには歓喜も称賛もねぇ。

バチバチ 白水

やっぱバチバチ神漫画と思った。

えびお

スポンサーリンク